FC2ブログ

トキ@富山県



トキ(♀夏羽)
コウノトリ目トキ科
体長75cm
撮影 2009.7.20 富山県

2008年9月25日、佐渡の野生復帰ステーションからトキ10羽が試験放鳥されました。
今年の9月、2回目の放鳥が予定されています。

ほぼ10ヶ月経過した現在の状況は以下の通りです。
個体番号01 ♂ 佐渡島内
個体番号06 ♂ 佐渡島内
個体番号09 ♂ 佐渡島内
個体番号10 ♂ 情報なし
個体番号11 ♂ 佐渡島内
個体番号03 ♀ 新潟県内
個体番号04 ♀ 富山県内(写真の個体)
個体番号07 ♀ 本州にいるとされるが情報なし
個体番号13 ♀ 新潟県内
個体番号15 ♀ 死亡

写真の個体は富山県内に2ヶ月以上滞在しており、かなり報道されているので、ご存知の方も多いと思います。
個体番号04は現在4歳の♀です。

・・・・・・

これをわざわざ見に行ったわけではありません。
(別に断わる必要もないのですが)立山の帰りに寄ってみたのです。
朝から5時間ほど立山室堂周辺を散策、午後1時過ぎに降り、遅い昼食のあと現地周辺には3時すぎに到着しました。
おおよその場所は見当がついていたので、田んぼが広がっているところを探してみようと思いました。
ほどなく数分ほどで、農道に10台程度の車と数人のカメラマンを発見しました。
あまりにも簡単に探し当てたことに驚きました。
2日間、天気に祟られた今回の旅では、最終日に素晴らしい天気になりました。
この日の午前中、立山上空に現れた見事な彩雲を見たとき、何かいいことがありそうな気がしたのです。神がかり的ですね。(笑)


昼間は塒にいることが多く、3時半ごろ採餌のために飛来することが多いとのこと。
時計を見ると3時20分。
15分ほどで、予想通り飛んできました。
場所といい、時間といい、タイミングがいい時はこういうものかと改めて思いました。
1時間ほど観察。
飛び立つところも見たかったですが、あまり長居すると帰りが夜中になってしまいます。(ここから6時間かかるので)

ギャラリーは20人程度でした。
飛来から2ヶ月経過し、地元の人は見慣れたのかも知れません。
本来、飼育された個体なので、警戒心は薄いのでしょうが、人と鳥が適度な距離感を保っている雰囲気には好感が持てました。
関東ではこうはいかないかも。
もっとも、リングや発信機を付けた個体は、カメラマンには不人気かも知れません。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア