FC2ブログ

吉島家住宅

吉島家住宅
岐阜県高山市

吉島家は、江戸時代中期から代々造り酒屋を営み、江戸時代後期からは生糸の売買などで栄えた旧家である。
明治8年の大火で焼失、翌年に再建されたが、明治38年に再び焼失した。
現在の建物は、明治40年に名工西田伊三郎により建てられた。
隣の日下部家住宅とともに、国の重要文化財に指定されている。
日下部家の男性的な力強さに対し、女性的な繊細さに溢れていると称される。




正面入口部分



軒先には、造り酒屋であることを示す杉玉が下がる。



格子の意匠はとても繊細である。


この建物は2階建てだが階高は低く、一種のスキップフロアになっていて、内部構造は意外に複雑である。




土間の吹き抜け部分の意匠は、この住宅の白眉と言える空間。
柱は檜、梁は赤松が使われている。
棟まで1本で通した大黒柱は太く美しい。
梁は鉋で仕上げられ、漆を塗られている。
高窓から差し込む光が、斜めにこの吹抜けを通り、陰影をもたらす構成はこの上もなく美しい。



中庭と裏庭があり、茶室、仏間、本座敷、次の間から眺められる。



裏庭に面した縁側は、ケヤキの一枚板で、厚さは2寸。



自在の意匠はシンプルかつ機能的である。


1977年、アメリカの建築家チャールズ・ムーアが「最高の日本建築」と絶賛した。
観光客が行き交う三之町からはちょっと離れていて、静かな雰囲気を味わえる。
隣の日下部家は「民芸館」と銘打っているので観光客にも人気だが、できればこちらも見学されることをお勧めしたい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア