FC2ブログ

秋の渡りの記録


この秋の渡りで見られた、主としてシギチ類(及びカモ類)の記録をまとめて見ました。
茨城県稲敷市のうち、旧桜川村と旧東町に属する地域で、私が観察できたものの記録です。

今年は、シギ類がなかなか見られず、8月上旬に利根町の数箇所で見られるようになりましたが、それも下旬には見られなくなりました。
旧東町では、8月下旬から八千石の休耕田が賑やかになりました。
その後は旧桜川村浮島(通称では西ノ洲)の蓮田に多くのシギ類が入り、1枚の田んぼとしては珍しいほどの賑わいになりました。
今年のシギチは少ない、というのが大方の感想でしたが、結局のところシギチの入る田んぼは少ないけれど、入るところには多くの種類が入れ替わり立ち代わり入る、というところが本当だったように思います。

10/15
浮島に昼ごろ寄って見ると、先客が「何もいない」ということでした。
夕方ちょっと覗いてみると、蓮田の中央にアオアシシギが4羽整列していました。
そこに2羽のアオアシシギが飛来して、6羽とも飛び去りました。
あとには何もない蓮田が広がっていました。
シーズンの終わりを予感させる、象徴的なシーンでした。


今年のまとめ
■コチドリ
茨城県南全域でよく見られた。30羽程度の群れもあった。

■ムナグロ
8月上旬から利根に飛来、中旬には東で小群が見られた。10月に入ってから比較的大きな群れが飛来した。

■ヨーロッパトウネン
8月中旬に、浮島で1羽が見られた。

■トウネン
8月から9月前半に、東で小群が見られた。10月にも単発的に入った。

■ヒバリシギ
8月下旬から短期間滞在した。比較的多かった。

■オジロトウネン
8月下旬から9月上旬にかけて浮島で見られた。10月に東での報告もあった。

■アメリカウズラシギ
8月末に短期間見られた。そのあとも見られたという報告もあった。

■ウズラシギ
初め東、後に浮島で3羽が滞在した。8月下旬から10月上旬までという長い滞在だった。

■ハマシギ
9月中旬、10月中旬に小群が飛来した。

■オバシギ
9月上旬に、1羽が短期間滞在した。(浮島)

■エリマキシギ
8月に利根、その後東に飛来、浮島では10月中旬まで滞在した。最大3羽。

■キリアイ
8月中旬に浮島で1羽が見られた。

■オオハシシギ
8月末に短期間見られた。9月末からは継続して見られた。最大3羽。この鳥は越冬する傾向があるので、今後も注意。

■ツルシギ
10月に入ってから、浮島に飛来した。3羽~6羽という報告もあった。

■アカアシシギ
8月下旬に東、9月中旬に浮島に飛来した。いすれも単独で短期間の滞在。

■コアオアシシギ
シーズンを通して10数羽程度見られた。

■アオアシシギ
数は多くはないが、シーズンを通して見られた。

■クサシギ
浮島で終始見られた。常に3羽だった。

■タカブシギ
前半は東でよく見られた。10月に入ってからまた入るようになった。この鳥はこれからも見られると思う。

■キアシシギ
前半は東でよく見られた。今年は各所でかなり多かった。

■イソシギ
この鳥は留鳥で、霞ヶ浦周辺ではよく見られる。数はそんなに多くはなく、単独が多い。

■ソリハシシギ
このあたりでは比較的珍しい。9月上旬に1羽入った。(浮島)

■オグロシギ
8月中旬に利根、その後浮島に飛来した。だんだんと数が増え、最大38羽を記録した。

■タシギ
9月を通して見られた。最大では20羽以上。この鳥は越冬するものが多いので、今後また増えると思われる。

■オオジシギ
この周辺では1回だけ観察した。利根、龍ヶ崎方面では時折見られた。

■セイタカシギ
8月上旬に浮島で見られたが、その後は姿を消した。


とにかく楽しい2ヶ月間でした。
今年賑やかだった田んぼに来年また鳥が来る保障はなく、またあちこちを探すことになるでしょう。
またどんな鳥との出会いがあるのでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア