FC2ブログ

わかりやすい野鳥一覧表の作り方は?

私がボランティア活動をしている森での話題。

森で見られる野鳥の記録をわかりやすい表にする方法は?
過去の細かいデータはあるのですが、来園者の方向けに「いつごろどんな鳥が見られるか」という、わかりやすいう一覧は作れないか、という問題です。
自然公園などでよく作っている、花暦のようなものがいいのではないか、と考えました。

試しに、私がフィールドにしている土浦市内でのデータをまとめて見ました。




一目でわかるように、丸の大きさで表してあります。
大きさは5段階で、大きい方から
 ほぼ確実に見られるもの(90%以上)
 見られる確率の高いもの(50%以上)
 時々見られるもの(10%以上)
 やや稀なもの(5%以上)
 稀に見られるもの(5%未満)
という分け方です。
突発的に現れる”少なくともここでは珍鳥”の部類に属するものを、☆印で示しました。
マガモ、ヒドリガモのような普通種でも、場所によっては珍鳥になるということもあるわけです。
やや不自然なところもありますが、現実のデータをそのまま表現しました。
課題としては、これだと経年変化がわからないということです。
たとえば上のデータでは、オナガは一年を通じてある程度見られるように見えますが、ここでは近年はオナガは全く見られません。
そういうデータについては、個々の種類についてグラフを作らないといけないと思います。

全国各地で地道に観察されている人のデータが、こんな形で集積したら面白い結果が現れるような気がします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア