FC2ブログ

長興山のシダレザクラ(神奈川県小田原市)




長興山のシダレザクラ
神奈川県小田原市
撮影 2010.3.28

何度も書いていることだが、古木の桜の所在地には偏りがある。
地域的に最も多いのは福島県と長野県。次いで山梨県、岐阜県、山形県、群馬県、奈良県あたりであることは、衆目の一致するところだろう。
その事実からもわかる通り、内陸部の寒冷地が多い。

古木は当然のことながら、江戸生まれの園芸種であるソメイヨシノではなく、エドヒガンとその変種であるシダレザクラがほとんどである。(一部にはヤマザクラの古木もある)
これらの種は、恐らく比較的寒冷な気候を好むのだろう。

関東でも温暖な神奈川県や千葉県では、古木の桜は稀少である。
長興山のシダレザクラは、神奈川県では随一の名木で、広く知られたものとしては唯一のものと言っても良い。
海からの直線距離3.3kmで、海が見える場所に咲くシダレザクラというのも珍しい存在かと思う。


駐車場がないので、小田原から電車で行くことにした。
駐車場はないわけではなかったが、観光客が集中したら停められないだろう。
箱根湯元行きで3つ目、「入生田」で降りると200mほどで紹太寺というお寺に着く。
小田原藩主であった稲葉氏の菩提寺である。
急な坂道を10分ほど登ったところにある。標高差は100mほどあるので、思ったよりもきつい桜見物だった。
樹齢は340年ほどと推定される。
シダレザクラとしては主幹の高さがあり、四方に枝を伸ばした姿が非常に整っている。
まだ8時ごろなので、観光客の姿はまばら。
周辺にはキブシの花。足元にはムラザキケマンの花。気温は低いけれど春の雰囲気が溢れていた。

次回は身延山西谷

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア