FC2ブログ

大雲寺のシダレザクラ(長野県千曲市)

大雲寺のシダレザクラ
長野県千曲市(旧更埴市)
撮影 2010.4.17

最近の桜は開花が早い傾向にあり、撮影のタイミングを測るのが難しい。
目当ての桜を決めて、直前の開花情報を睨むか、日程を決めてその時に合いそうな桜を選ぶか、自分の場合は大体後者である。
この時期、桜の情報は溢れかえっているけれども、それはほとんどソメイヨシノである。
ある地域のソメイヨシノは一斉に咲くので、見当をつけやすい。
ソメイヨシノが一斉に咲くのには理由がある。
この種類は全てクローンなので、遺伝的に全て同じだからである。
エドヒガンはソメイヨシノよりも早いものが多いが、咲く時期には個体差が大きい。
ほとんど同じ地域にあるのに、ある木は満開、ある木はつぼみなどということもある。
それは高山村に行ってみるとよくわかる。ここの桜を1日で全部いい状態で見ようというのは所詮無理である。
三春の桜はそうでもない。三春は滝桜の子孫が多いので、遺伝的に同じものが多いのだと思う。

今年はとりあえず4月の3週を選び、北信を中心に廻ろうと考えていた。
直前に季節外れの低温が続き、開花は足踏み状態。
1週間伸ばすわけにもいかないので、かなり広範囲の桜をピックアップして出かけることにした。
用意したのは90本以上に及ぶ。
実際にいい状態で見られるのは3割程度だと思う。


4月17日
前日の予報は季節はずれの雪。
朝、目が醒めると確かに雨の音ではない。明らかに霙だった。
今日出かけるのは午後だし、午後には急速に回復するという予報だったので、それほど心配ではなかったが、それでも朝の内、上信越道にチェーン規制が出ているのには驚いた。
が、長野方面は急速に回復し、こちらも昼ごろには晴れ間も見えるようになった。


群馬県に入るとすっかり晴れ上がった。碓氷峠あたりの雪景色は美しい。
浅間山も純白である。
更埴インターを出たのは午後4時前である。
この周辺の桜を何本か撮影しようと、まずは大雲寺を訪れた。







1591年創建の曹洞宗の古刹。
石垣の上に築かれたお寺は、城を思わせる威容を誇る。

次回は三島神社のシダレザクラほか
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア