FC2ブログ

瞬膜

瞬膜は目の角膜とまぶたとの間にある半透明の薄膜で、必要に応じて目を保護する役割を持っている。
鳥類ではよく発達しており、両生類、爬虫類、魚類ではサメの仲間に見られる。
哺乳類では退化していると言われるが、犬、猫、馬などにもある。
普通、まぶたは上まぶたが上下するが、瞬膜は目頭寄りから縦方向に動く。(という風に理解しているが、違うかも知れない)
一眼レフのシャッターで言うと、まぶたは現在の縦走りシャッターのようなもの、瞬膜は昔の横走りの布シャッターのようなものか、と考えるとわかりやすい。いや、かえってわかりにくいか?

カワセミが水中に飛び込む時、瞬膜を閉じて目を保護することが知られている。



瞬膜を閉じたチュウシャクシギ



同じくヨシガモ
単に、眠いだけのようにも見えるが。

撮影はいずれも谷津干潟、2010.4.29
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア