FC2ブログ

貞松院のシダレザクラ(長野県諏訪市)


貞松院のシダレザクラ
長野県諏訪市
撮影 2010.4.18

徳川家康の六男松平忠輝はなぜか父に嫌われた。
大阪夏の陣での不手際を理由に改易され、伊勢に配流される。
その後、飛騨高山を経て諏訪の地に流され、この地で没した。92歳の長寿であった。
貞松院はその菩提寺である。
忠輝が徳川家より赦免されたのは、何と死去から300年後の1984年のことであった。
貞松院の住職、山田和雄が300回忌での赦免を徳川宗家18代目当主、徳川恒孝に願い出て実現したそうだ。

貞松院は江戸期、2度の火災で全伽藍を焼失してしまい、往時の面影は失われた。
1936年(昭和11年)に本堂が再建され、今日に至っている。
門から、本堂の裏側に回りこむと、見事な庭園とともに、大きなシダレザクラが出迎えてくれた。


次回は湊・船魂社のシダレザクラ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア