FC2ブログ

専修寺(栃木県真岡市)

専修寺
栃木県真岡市

真岡の専修寺(せんじゅじ)は、浄土真宗高田派の寺院で、正式には本寺高田山専修寺と言う。
1225年、親鸞が建立した唯一の寺で、親鸞は7年の間ここに居住し、如来堂を中心に布教の拠点とした。
1456年、伊勢国一身田に専修寺が建立され、東西2つの専修寺が並立することになったが、現在では一身田が本山、真岡が本寺と呼ばれている。
創建からほぼ800年経た現在でも、整然と伽藍が立ち並び、創建当時の姿をよく残しているとして国の史跡に指定されているほか、4棟が国の重要文化財に指定されている。


総門1

総門2
総門
茅葺の質素な門だが、少なくとも柱は唯一創建当初のものと伝えられている。
重要文化財


楼門
楼門(山門)
総欅造りで、総門と如来堂の中間に建つ。柱の間から総門が見える。
重要文化財


如来堂1

如来堂2
如来堂
総門・楼門・如来堂は一直線上にあり、明確な軸線を作っている。
本尊を安置する堂で、専修寺の中心的な建物である。
重要文化財


楼門から如来堂
楼門から如来堂を見る


御影堂
御影堂
親鸞上人の等身の御影のほか、歴代の上人像を安置する建物。
重要文化財


鐘楼
鐘楼の奥に御影堂
関連記事

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア