FC2ブログ

在りし日の「左近の桜」

昨年の9月9日、関東地方を襲った台風15号により、偕楽園の名木「左近の桜」が倒壊した。
「左近の桜」は、京都御所紫宸殿の左近の桜から系統の苗木を貰い受け、1963年に植樹されたヤマザクラで、茨城県を代表する名木だった。
県は、再生が可能かどうか、複数の樹木医に診断を依頼したが、根がすでに不朽菌に侵されいており、再生不能という結論に至ったということで、即刻伐採、撤去されてしまった。
長命のヤマザクラにして、まだ60年ほどの樹齢であり、昨年まで元気に花を咲かせていたのに、簡単に再生不能と言う判断を下してしまっていいのかという疑問が個人的にはある。

DSC08791-001_R.jpg
63年以前には存在しなかったわけだが、主木を失い、殺風景な風景になってしまった。

DSC08794-001_R.jpg
「跡地」の看板など、何の意味があるのだろう。


1全景
全景

3_2020031100381356e.jpg

4_20200311003814d0f.jpg

5_20200311003814e2e.jpg
好文亭との位置関係を見ると、この場所に植えた人の感性は素晴らしいと思う。

7好文亭から
好文亭から
背景は千波湖
高台にあり、風当たりがいい位置にあることが仇になった。

8夕景2
好文亭側から、夕陽を浴びる姿

9夕景3

10夕景1
夕景

11雪景色
雪景色
関連記事

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア