FC2ブログ

マミジロタヒバリ&コマミジロタヒバリ@飛島

マミジロタヒバリ
体長18cm

コマミジロタヒバリ
体長17cm

スズメ目セキレイ科
撮影 2010.5.2 山形県酒田市飛島

今年の飛島で、多くのバーダーの話題になったのがこの2種です。
終始ヘリポートにいたので、とても観察しやすい条件でした。
これにヒメコウテンシ、ただビンズイ、ただヒバリが絡むと、頭が混乱します。
特にこの場所にただヒバリが現れると一瞬、珍鳥か? と思ってしまいます。






コマミジロタヒバリ








マミジロタヒバリ

最初、これもコマミジロだという説もありました。
肩羽の軸斑の形、やや可愛らしく見える顔つきがその理由ですが、写真に撮って見ると
■コマミジロよりもやや大きい
■姿勢が立ち気味
■嘴が長い
■尾が長い
■眉斑が目立つ
■肩羽の軸斑は、よく見ると尖っている
と思われるので、やっぱりマミジロタヒバリだと思います。


今回の飛島では、「マミジロが云々・・・」という言い方をよく耳にしました。
「メスは全く地味で・・・」というような言い方もされていたので、これはツグミの仲間の「マミジロ」を指しているものだと最初は思いましたが、よく聞くうちに「マミジロキビタキ」のことだとわかりました。
「マミジロタヒバリ」「コマミジロタヒバリ」も話題の鳥だったので、かなり混乱しました。
バーダーの符牒では
 マミジロキビタキ→マミキビ
 マミジロタヒバリ→マミタあるいはマミタヒ
 コマミジロタヒバリ→コマミ
ですが、これで誰にも通じるわけではなく、私自身はこういう符牒は好きではないので、出来るだけフルネームで言うようにしています。
マミジロを「ただマミジロ」という符牒は使われていないように思いますが、それを考えなければならなかった今年の飛島はまさに「マミジロ天国」でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア