FC2ブログ

名盤コレクション70 ホロヴィッツ・プレイズ・ラフマニノフ&リスト

ホロヴィッツ・プレイズ・ラフマニノフ&リスト
ウラディミール・ホロヴィッツ

IMG_20200221_0001-001_R.jpg

ラフマニノフ
 前奏曲ト短調OP32-12(1968年12月15日)
 ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調OP36(1968年12月15日)
 練習曲「音の絵」ハ長調OP33-2(1967年12月10日)
 練習曲「音の絵」変ホ長調OP33-5(1967年12月10日)
 練習曲「音の絵」変ホ長調OP39-5(1962年4月18&24日、5月9&14日)
 練習曲「音の絵」ニ長調OP39-9(1967年12月10日)
 楽興の時第3番ロ短調OP16(1968年12月15日)

リスト
 ハンガリー狂詩曲第19番ニ短調(1962年4月18&24日、5月9&14日)
 コンソレーション第2番ホ長調(1962年5月9日)
 巡礼の年第1年「スイス」~オーベルマンの谷(1966年11月27日)
 スケルツォと行進曲(1967年10月12日)


「ホロヴィッツ・プレイズ・ラフマニノフ」というアルバムもある。1967年から68年に行われたライヴが収録されている。
これはリストの4曲及び、1962年のライヴからラフマニノフの1曲を追加している。

IMG_0002-001_R_20200227021641662.jpg

ジャケットの裏を見ると、
 Vladimir
 Horowitz
 1903
 2003
とあるので、ホロヴィッツ生誕100年を記念して発売されたらしいということがわかる。
右下の小さな写真は、コンサート活動を12年間休止していたホロヴィッツが、1965年に復帰した有名なコンサート「ヒストリック・リターン」の写真である。
この前後のライヴを収録したという意味合いだろうか。

DSC08852-001_R.jpg

見開きの紙ジャケで、なかなかいいデザインのCDだし、演奏そのものには文句ないのだが。。。

ジャケット裏に、14トラックまで書いてあるが実際には13トラックしかない。
トラック5と6が重複しているのがわかる。(見開きのページは間違っていない)
また、OP39-9だけ、曲名に”-Tableau”が抜けている。

見開きのページには録音データが書いてあるが、「楽興の時第3番」の録音年が1969年になっている。(正しくは1968年)

あら探しをしたいわけではないが、こういうミスが多すぎる。チェックする人がいないのだろう。簡単にわかることなのに。
これでは肝心の録音データやタイミングなどが信用できなくなってしまう。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア