FC2ブログ

前山寺三重塔(長野県上田市)

前山寺三重塔
長野県上田市
撮影 2019.12.22

塩田平は、上田盆地の千曲川左岸に広がる河岸段丘で、鎌倉時代から室町時代にかけての多くの文化財が集まるため、「信州の鎌倉」とも呼ばれる。
以前にも取り上げた安楽寺や大宝寺の他、中禅寺、常楽寺、前山寺などの寺院が点在する。
前山寺は真言宗智山派の寺院で、正式には「ぜんさんじ」と言う。

DSC02818-001_R.jpg

DSC02827-001_R.jpg

DSC02839-001_R.jpg
前山寺三重塔は国の重要文化財。
長野県には、国宝の三重塔2塔、重要文化財の三重塔3塔があるが、そのうち4塔がこの地域にある。

前山寺三重塔は均整の取れた美しい塔だが、よく見ると2層、3層に高欄がない。
高欄を取り付けるためと思われる胴貫が四方に突き出ているため、高欄を途中で取りやめたのではないかと見られている。そのため「未完成の塔」とも呼ばれるが、仏塔はそもそも人が中に入るものではなく、高欄は必要ないとも言える。
結果的に美しい調和を見せているため、「未完成の完成の塔」とも呼ばれている。
いずれにしても名塔であることは間違いない。
関連記事

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア