FC2ブログ

The Okura Tokyo(ホテルオークラ東京の建替え)

The Okura Tokyo
東京都港区
撮影 2019.12.28
設計:虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設一級建築士事務所、谷口建築設計研究所、観光企画設計社、日本設計・森村設計・NTTファシリティーズ)

ホテルオークラ旧本館は1962年に完成した。
設計には谷口吉郎、小坂秀雄(郵政省建築部長)、清水一(大成建設設計部長)、伊藤喜三郎(伊藤建築研究所所長)、岩間旭(三菱地所建築部長)らによる設計委員会が当たった。
中でも象徴的な空間であるロビー廻りは谷口吉郎が担当した。
オークラ本館は2015年に閉館、解体されることになり、内外から多くの反対の声が寄せられた。自分も反対だったが、すでに規定路線だった。
谷口吉生が全体計画を担当することになれば、ロビーのデザインも踏襲されるのではないか、と淡い期待を持った。

01神谷町から_R
神谷町附近から
左奥に見えるが、大規模再開発の影響で通行止めの道が多く、まっすぐ近づけない。

02虎ノ門ヒルズ遠景_R
ポケットパークから虎ノ門ヒルズが見えた。
土地勘がないのでよくわからないが、目指す建物も虎ノ門にある。このあたりは赤坂、六本木、虎ノ門が接しており、東京でも一番の立地であると言える。

03東側下から_R
東側の坂下から
ここは約20mもの高低差があり、東側の道路は物凄い坂だ。

04東側坂下から高層棟見上げ_R
高層棟(プレステージタワー)の見上げ

05地形断面_R
地形の断面図
敷地の東西でこれだけの高低差がある。

06高層棟正面_R
プレステージタワー正面。
端正なファサードではあるが、ちょっと気になったのはガラスのゆがみが大きいこと。

07前庭 (2)_R
ホテルエントランスは5階レベルにある。
広く前庭を取り、高層棟(プレステージタワー)と低層棟(ヘリテージウイング)が、90度の軸線で配置されている。
前庭には水盤があり、六角形の島がある。2棟の軸線が島の中心で交差するという、谷口吉生らしい配置である。

08前庭_R
敷地南側には、日本最古(1927年)の個人美術館である「大倉集古館」が建つ。道路を挟んで、オークラの別館。かつての本館のイメージはまだここに残っているが、これも取り壊される運命にあるようだ。
遠景には泉ガーデン、六本木グランドタワー、アークヒルズなど。

朝のうちは陽が当たらないので、寒々と見えてしまう。ここを撮影するなら午後がよかった。

09高層棟エントランス2_R
プレステージタワーのエントランス

10低層棟エントランス_R
ヘリテージウィングのエントランス
ホテルのフロントはプレステージタワーにある。
客室はプレステージタワーの上層部とヘリテージウィングにあり、プレステージタワーの低層部は主にオフィス。

11すだれ_R
細かいアルミのすだれ状のスクリーン
谷口吉生の特徴が出た部分

12ロビー_R
さて、問題のロビーはプレステージタワー5階にある。(5階と言っても、見た目は1階)
旧本館のデザインがほぼ完璧に再現されている。
正直、ここまで忠実に再現されるとは、多くの人が思っていなかった。

13ロビー2_R
障子の上部に、麻の葉模様と呼ばれる細かい格子模様。
これも忠実に再現された。

14ランタン_R
「オークラ・ランタン」と呼ばれた照明器具も、LEDで蘇った。

15ロビーテーブル_R
ロビーに置かれた漆塗りのテーブルに、ランタンの光が反射する。
テーブルと5脚の椅子は梅の花を表現している。

16メザニンへの階段_R
旧館では、ロビーに橋を架けたいという施主の要望でメザニン(中2階)が作られたが、これも再現された。
メザニンへの階段。

17メザニンから1_R

18メザニンから2_R
メザニンからロビーを見下ろす。
贅沢な空間である。

19メザニンからエントランス_R
メザニンからエントランス方向

20エントランス_R
エントランス正面。奥にフロント。
以前から、石草流の生花で飾られることになっている。
前庭の六角形の島は、この花が飾られている大鉢の形状に呼応していることに注目。

21大倉集古館東側_R
大倉集古館東面
大倉集古館は、伊東忠太の設計で1927年に建てられた、日本最古の個人美術館。
今回、道路側に6mほど曳家した上で、地下の増築及び免震工事が行われた。改修設計は谷口吉生。
年末年始の休館だったので、こちらは次回としたい。

22大倉集古館北面_R
大倉集古館北面

23別館全景_R

24別館南側_R
別館は解体し、タワーマンションになるという噂がある。
関連記事

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア