FC2ブログ

マーラー/交響曲第2番「復活」(シューリヒト/フランス国立放送O)

IMG_0001_R_20191229231728e33.jpg

マーラー/交響曲第2番「復活」
カール・シューリヒト/フランス国立放送管弦楽団
エディット・ゼーリッヒ(ソプラノ)
エウゲニア・ザレスカ(アルト)
1958年2月28日 パリでのライヴ

マーラー/さすらう若人の歌
カール・シューリヒト/フランス国立放送管弦楽団
エウゲニア・ザレスカ(アルト)
1954年4月2日 ボストンでのライヴ


カール・シューリヒトはブルックナー指揮者のイメージが強く、マーラーのイメージはあまりないのだが、いくつかのライヴが残されている。
中でも、1939年10月5日にアムステルダムで行われた「大地の歌」のライヴは有名だ。
それは名演に違いないのだが、演奏以外のことで有名になってしまっているので、その件についてはそのうち書くことになるだろう。

この「復活」は、聴き始めはやや乱暴な印象を覚えてしまうが、聴き進むにつれて気にならなくなる。
テンポの動かし方にかなり独特のところがあり、今までに聴いたことがない表現の「復活」と言えるだろう。
ソリストも、あまりいいとは言えない。
ただ、フィナーレの盛り上がりは半端ではなく、聴き終わるとやっぱり名演と言っていいかもと感じた。
シューリヒトってこんな指揮者だったかと、再認識した次第。

難を言えば、この手のライヴ録音では仕方がないのかも知れないが、ちょっと聴きづらい音響である。
第1楽章と第2楽章で、最後の1音が欠落しているのも大きな欠陥。理由はわからないが、配慮がなさすぎ。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア