FC2ブログ

北海道探鳥記(その1)

北海道探鳥記(その1)
5/28(金)往路

大洗-苫小牧間の航路探鳥記録。今日はその往路編。

これまで、深夜便を利用してとんぼ帰りの航路探鳥を何度か経験した。
深夜便は午前1:45に大洗を出港して、午後7:45に苫小牧に到着する。
同じ船で午前1:30に出港、大洗に午後7:45に戻って来るという、言わば弾丸ツアーである。
それはそれで面白いのだが、海鳥観察に一番適しているとされる5~6月は夏鳥のシーズンでもあり、道内での探鳥もしたい。

この大洗-苫小牧間のフェリーには夕方便というのもある。
これは午後6:30に出港して翌日の午後1:30に苫小牧に到着する。
夕方便で行って深夜便で帰れば、その間にウトナイ湖ぐらい行けるのではないか、と考えたのが発端だが、バスの便とか調べているとやっぱり無理。タクシーでは高くつく。レンタカーという選択肢はあるが、いずれにしても慌しいので、やっぱり1泊しようと考えた。

深夜便と夕方便は機材が違う。
深夜便は全てカジュアルルームという4人部屋である。2段、3段ではなく1段ベッドなのでそれなりに快適。
レストランなどはなく、軽食の自販機程度。いつもは夕食を済ませて乗り、朝食と昼食はカップ麺程度で済ませてしまう。
夕方便には個室もあり、デラックスルームというホテルで言うところのスイートのような部屋もあって、やや豪華仕様になる。
レストランもあり、快適な船旅を楽しめる。
ところが夕方便にはエコノミールームというランクがあって、実はこれが一番安いのである。要するに大部屋の雑魚寝。
JAFの会員割引を利用して片道7650円。北海道にこれ以下で行ける方法はない。




往路は「さんふらわあ・さっぽろ」
13654トン、全長192m、旅客定員632名
エコノミールームの1人分の巾は想像以上に狭い。ただ、40人程度の部屋に10人ぐらいの乗客だったので、それほど窮屈には感じなかった。



もっとも、私は乗船後はラウンジでビールを飲みながら本を読んでいたので、部屋は寝るだけである。これで十分。
缶ビールは500mlで300円、ペットボトルのお茶は150円でリーズナブルである。



定刻よりやや早めに出港。
大洗港を後にする。

・・・・・・

翌朝は4:20ごろからデッキに出て探鳥。
すでに三陸沖。
ただでさえ寒い北海道航路だが、この日は日差しもなく風も強いので想像以上に寒かった。
6時ごろ、とりあえず船内に避難。
この船は外部に直接面した展望スペースがあったので、そこから観察することにした。
ガラス越しなので写真撮影には不向きだが、楽には勝てず、入港までここで過ごすことに。

5:00 ハシブトウミガラス ウトウ(2)
8:00 コアホウドリ
9:00 コアホウドリ
9:30 クロアシアホウドリ 上尾筒がはっきり白い個体
9:40 ウミスズメ(2)
9:50 ウトウ(5)
10:00 コアホウドリ
10:30 コアホウドリ クロアシアホウドリ(2)
10:45 コアホウドリ(2)
12:00 コアホウドリ
12:20 コアホウドリ
12:30 コアホウドリ

4:20~5:30ごろ、及び10:00~11:00ごろ ハシボソミズナギドリ、ハイイロヒレアシシギ多数
その他の時間帯はパラパラ程度
オオミズナギドリは比較的少なく、ハイイロミズナギドリらしき個体は少数
ウミネコはそれなりの数、オオセグロカモメは少数
苫小牧港でウミウ

往路での観察種(4:20~13:30)
■コアホウドリ 9
■クロアシアホウドリ 3
■オオミズナギドリ 中
■ハイイロミズナギドリ 少(ハシボソとの識別は難しいので、あくまでも参考)
■ハシボソミズナギドリ 多
■ウミウ 港内 少
■ハイイロヒレアシシギ 多(アカエリがいたかどうかは不明)
■ウミネコ 中
■オオセグロカモメ 少
■ハシブトウミガラス 1
■ウミスズメ 2
■ウトウ 4


定刻に苫小牧に到着、ここでレンタカーを借りる。
時刻は午後2時過ぎで、やや中途半端である。
明日の下見として勇払原野周辺は廻って見ようと考えてはいたが、その前にとりあえず支笏湖あたりに行ってみようか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア