FC2ブログ

紅葉紀行-中尊寺その1

中尊寺
岩手県平泉町
撮影 2019.11.16

寺伝によると中尊寺は850年、慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられている。
実質的には1105年に、奥州藤原氏の初代藤原清衡がここに「多宝寺」を建立したのが中尊寺の創建で、その規模は、堂塔が40余、禅坊が300に及んだと言われている。

中尊寺の伽藍配置は少々変わっていて、月見坂と呼ばれる参道を登って行くと、その両側に点々と堂宇が建っている。
本堂もその中間地点にあり、金色堂は一番奥にある。
月見坂の入口から金色堂までは1kmほどの距離があり、その間に60mほど登ることになる。

月見坂入り口DSC07479-001_R
月見坂入口

月見坂途中DSC07510-001_R
月見坂の両際には、仙台藩によって植えられた、樹齢300年を越える杉木立が鬱蒼と茂る。
紅葉の時期には、多くのイロハモミジ、オオモミジなどが彩りを沿え、壮観である。
岩手県第一の紅葉の名所と言っていいだろう。


ほとんどの堂宇は江戸時代に再建、あるいは移築されたものである。

弁慶堂DSC07519-001_R
弁慶堂
1827年建立
源義経と武蔵坊弁慶の木像を安置している。

東物見DSC07551-001_R
東物見附近からは、眼下に衣川方面の風景が広がる

東物見付近DSC07553-001_R

地蔵堂DSC07674-001_R

地蔵堂DSC07663-001_R
地蔵堂
1877年に再建された。

薬師堂DSC07689-001_R

薬師堂
1885年改築。
本尊の薬師如来、日光・月光菩薩、十二神将のほか、熊野から飛来したとされる熊野権現を祀る。

薬師堂付近DSC07713-001_R

観音堂_R
観音堂は詳細不明
関連記事

テーマ : 紅葉写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア