FC2ブログ

那須神社(栃木県大田原市)

那須神社
栃木県大田原市

那須神社は仁徳天皇(313~399年)時代の創立で、さらに延暦年間(782~806年)に征夷大将軍坂上田村麻呂が応神天皇を祀って八幡宮にしたと伝えられている。
現在の本殿、拝殿、楼門は、1641~42年に黒羽城主大関高増によって建立された。

本殿及び楼門は国の重要文化財に指定されている。

DSC08456-001_R.jpg
本殿

DSC08386-001_R.jpg
楼門は典型的な禅宗様式で造られている。
これの見どころは、上層、下層とも斗栱に通し肘木を用いていることと、特に上層の尾垂木付きの四手先斗栱が珍しい。

DSC08395-001_R.jpg
拝殿
拝殿の前にある石灯籠一対も国の重要文化財
高さは2.9mで、芦野石と考えられている

DSC08479-001_R.jpg
芦野石で出来た手水舟も国の重要文化財
関連記事

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア