FC2ブログ

内外大神宮(茨城県筑西市)

内外大神宮(ないげだいじんぐう)
茨城県筑西市

伝承によると、継体天皇年間(530年ごろ?)に創建され、社伝によれば806年に社殿が造営された。
当時は周辺59ヶ村を氏子として、大いに栄えたと言う。

DSC08548-001_R.jpg
向かって右に内宮(ないくう)、左に外宮(げくう)
両本殿は、御門とともに国の重要文化財に指定されている。

DSC08596-001_R.jpg
裏側から
左が内宮

内宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀り、外宮は豊受大神(とようけのおおみかみ)を祀る。
正統的な神明造茅葺き(現在は保護のため銅版葺き)で、外宮は内宮よりも少し小さく造られている。

伊勢神宮では内宮と外宮は別々のところにある。普通はそういう形式だが、ここでは2棟が並んでいる。
建築年代は1679年で、地元の大工によって建てられた。
内宮と外宮を2棟並立させる形式としては、現存する最古のものである。


DSC08540-001_R.jpg
DSC08533-001_R.jpg
御遷宮(ごせんぐう)
本殿の建替えや修理時に、御神体を一時遷すための仮宮である。
1574年の建立であることがわかっており、室町時代の様式を伝える建築として貴重である。
現在は覆屋で保護されている。
関連記事

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア