FC2ブログ

ハラ・ミュージアム・アーク(群馬県渋川市)

ハラ・ミュージアム・アーク
設計:磯崎 新(1988年)
撮影 2019.9.7 群馬県渋川市

そういえば、今年磯崎 新がプリツカー賞を受賞した。
プリツカー賞は、ハイアット財団(プリツカー一族)が建築家に対して授与するもので、建築賞としては最も権威がある賞とされる。
これまでの、日本人の受賞者は
 丹下健三
 槇 文彦
 安藤忠雄
 妹島和世+西沢立衛
 伊東豊雄
 坂 茂
の6組7人で、磯崎は8人目の受賞である。
その実績や国際的知名度を考えると、なぜ今頃?とも思えるが。

ハラ・ミュージアム・アークは、東京の原美術館の別館として、1988年に開館した。
榛名山中腹の、伊香保グリーン牧場に隣接する高原に建てられた現代美術専門の美術館である。
原美術館は、来年12月を以って閉館し、ハラ・ミュージアム・アークが「原美術館ARC」と館名を変更する予定になっている。

DSC00759-001_R.jpg
DSC00738-001_R.jpg
DSC00841-001_R.jpg

この時期の磯崎の作風がよく出た建築である。
確か1992年に訪問しているが、その後増築が行われているはずだ。
メンテナンスが行き届いていて、とても綺麗な状態に保たれているのが好ましい。
3つのギャラリーと特別展示室が半屋外空間を介してクラスター状に配置されている。

DSC00821-001_R.jpg

ギャラリーAのみ撮影可能
現代美術家、加藤泉の展覧会が開催中

DSC00791-001_R_201909092216462fb.jpg

特別展示室と、広大な庭園の向こうに赤城山を望む
関連記事

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア