FC2ブログ

関所破りの桜(長野県佐久市)


関所破りの桜
長野県佐久市(旧浅科村)
撮影 2010.4.19

道の駅「ほっとぱーく浅科」からよく見える小高い丘の上にその桜はあった。
浅間山の眺望が素晴らしく、絶好のロケーションにある。

「関所破りの桜」とは不思議な名称である。
桜の名称はその場所を冠したものがほとんどで、このようなものは珍しい。第一、関所破りとは穏やかでない。どうしてこんな名前がついたのか。
その由来は、この桜が立つ五郎兵衛記念館にあった。

旧浅科村は様々な変遷ののち、1955年に南御牧村、中津村、五郎兵衛新田村が合併してできた。
このうち五郎兵衛新田村は、寛永年間に、市川五郎兵衛真親という人が、私財を投じて、遠く蓼科山麓から用水路を築いたことで発展した。
この用水路は五郎兵衛用水路と呼ばれ、総延長は約20kmにも達するという。

五郎兵衛を祀るため、この場所に神社を建立することになったが、その際、彼の出身地(現在の群馬県南牧村)から桜の苗木をもらって来て、この地に植えることになった。
ところが苗木を取りに行った若者がうっかり通行手形を忘れたため、碓氷峠の通行が出来なかったが、訳を話したところ、役人が通してくれたという伝説に由来するそうだ。


これで3日間に渡った信州の桜撮影を終了した。
今年はこれで最後ではなく、次回から山形編!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア