FC2ブログ

瑞龍寺(富山県高岡市)

瑞龍寺
撮影 2019.8.3
富山県高岡市

瑞龍寺は曹洞宗の寺院で、加賀藩3代藩主、前田利常が開基した。
近世禅宗様建築の特徴を示すものとして、3棟が国宝に指定されている。富山県で唯一の国宝である。

総門、山門、仏殿、法堂が一直線に配置されていて、仏殿を中心に、四周に回廊が巡る独特な伽藍配置は、中国の寺院の影響を受けているようだ。
回廊には、大庫裏と禅堂が附属している。
山門、仏殿、法堂の3棟が国宝に、総門、回廊、禅堂、大庫裏が重要文化財に指定されている。

1総門1
入口から総門を見る

2総門から
総門から
奥に見えるのは、回廊に附属した大庫裏

3総門(反対側)
総門をくぐり、山門側から総門を見る

4山門と伽藍
総門をくぐると目に飛び込んでくる風景。
綺麗に整えられた玉砂利が清清しい。

5山門
山門

6山門(総門側)
山門をくぐり、回廊側から山門を見る

7山門(回廊内)
四周に巡る回廊と山門の調和が絶妙である。
刈り込まれた芝生の表情も美しい。仏教寺院に芝生は珍しいようにも思う。

8仏殿
伽藍の中心に位置する仏殿

9仏殿内部
仏殿内部は土間になっていて、屋根の構造もよくわかる

10山門と法堂
山門の奥に法堂が建つ。

11法堂内部
法堂内部

12回廊内部
回廊の内部

13禅堂
禅堂は回廊の一部になっている

14大庫裏
禅堂の反対側には大庫裏
大庫裏の先に見える小さな建物は鐘楼

15山門と禅堂
仏殿前から見る
左に山門、奥に禅堂

16山門と大庫裏
右に山門、奥に大庫裏
見事な伽藍配置もさることながら、見苦しいものが一切なく、静謐で気持ちのよい空間となっている。
関連記事

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア