FC2ブログ

防衛省に地図の見方を伝授する

河北新報
6月9日付の記事

地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の防衛省による適地調査を巡り、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場以外の国有地での調査結果に数値ミスが見つかった問題で、同省の五味賢至戦略企画課長は8日、距離と標高の縮尺が異なる断面図を定規で測って山の仰角を算出していたことを明らかにした。
5月末公表の調査結果報告書は、近くにある山がレーダー波を阻害するとして青森、秋田、山形3県の9カ所を配備に「不適」としたが、今月5日に9カ所全ての仰角に誤りが発覚。全数値を下方修正した。
断面図作製には米グーグル提供の地図サービス「グーグルアース」を使用し、その断面図から定規で標高と距離を出した。五味氏は報道陣に「(正しい)標高と距離の数値から仰角を割り出すのが普通だ」と述べ、通常と異なる手法だったことを認めた。
8日に秋田市で開かれた住民説明会で、新屋演習場を「適地」とした調査結果については「誤りはない」と強調した。
問題を巡り、岩屋毅防衛相は6日の衆院安全保障委員会で「調査結果全体の信頼性を失墜させかねない」と陳謝した。

何とわが国の防衛省は、地図の見方も知らないらしい。
この手の「比較検討」は、本命が先にあって、他の候補がダメな理由をあとから探すのが常識なので、そのこと自体は驚かないが、その誤魔化しかたが稚拙に過ぎるのに唖然とした。



自分が山岳展望用に使っている「カシミール」というソフトで、試しに松本城から槍ヶ岳が見えることを示す。
常念岳から南に延びる稜線上に、かろうじて見えることがわかる。
高さ方向が強調されているため、画面では約20度の角度を示しているが、実際は右側に表示されているように、4.6度である。
こういうのは常識の範囲内なので、パソコンの画面に定規を当てたりすると笑われる。
関連記事

テーマ : ニュース・社会
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア