FC2ブログ

北海道探鳥記(その4)

北海道探鳥記(その4)
5/30(日)復路

大洗-苫小牧間の航路探鳥記録。その復路編。



復路は「さんふらわあ・ふらの」
13539トン、全長192m、旅客定員705名
船の内部は、往路の「さっぽろ」と若干違う。
「さっぽろ」のように、直接海に面した展望スペースはないが、前方に展望室がある。
出港前後は、ここで写真や記録のチェックをして過ごした。




デッキから苫小牧のターミナルを見る。

今回は乗船するなり大騒ぎをする団体客が多く、その意味では不快だった。




18:45出港
工業都市、苫小牧の風景






・・・・・・



一夜明け、朝は4:10ごろからデッキに出て探鳥。
太平洋から朝日が昇る。




今日は天気がよく、波も静かだった。




この日、終日観察した右舷のデッキ




予定通り、大洗港に入港。
いつも思うのだが、この巨大な船をピタリと接岸させる手際には感服させられる。
接岸作業、ボーディングブリッジの取り付け作業が終わり、下船開始の時刻がピッタリ定刻の14:00だった。お見事。


■この日の航路観察
5:00 シロエリオオハム(あとで写真で確認)
6:10 コアホウドリ ウミガラスsp
6:15 ウミガラスsp(2)
6:25 ウミガラスsp
7:20 ウトウ(2)
7:30 ウトウ
7:40 ウミガラス
8:30 マダラウミスズメ(2)
11:00 クロアシアホウドリ
12:00 コアホウドリ
12:05 クロアシアホウドリ
12:15 コアホウドリ
12:20 コアホウドリ(2) クロアシアホウドリ(3)
12:25 コアホウドリ

ハシボソミズナギドリ、ハイイロヒレアシシギは朝のうち多数。
アカエリヒレアシシギの群れも若干あったようだ。(写真で確認)
オオミズナギドリは往路に比べて多かった。
大洗港でカワウ、ツバメ、ムクドリ

復路での観察種(4:10~14:00)
■シロエリオオハム 1
■コアホウドリ 6
■クロアシアホウドリ 5
■オオミズナギドリ やや多
■ハイイロミズナギドリ 少(ハシボソとの識別は難しいので、あくまでも参考)
■ハシボソミズナギドリ 多
■カワウ 港内 少
■ハイイロヒレアシシギ 多
■アカエリヒレアシシギ 中
■ウミネコ 中
■オオセグロカモメ 少
■ウミガラス類 5(ハシブトウミガラスの可能性が高いと思うが、7:40の個体はウミガラスと思われる)
■マダラウミスズメ 2
■ウトウ 3
■ツバメ 港内
■ムクドリ 港内


3日間での観察種(▲は航路上 ●は大洗港のみでの観察)
シロエリオオハム▲
コアホウドリ▲
クロアシアホウドリ▲
オオミズナギドリ▲
ハイイロミズナギドリ▲
ハシボソミズナギドリ▲
カワウ●
ウミウ
アオサギ
マガン
ヒシクイ(亜種オオヒシクイ)
オオハクチョウ
マガモ
カルガモ
ヒドリガモ
トビ
オジロワシ
ノスリ
コチドリ
オオジシギ
ハイイロヒレアシシギ▲
アカエリヒレアシシギ▲
ウミネコ
オオセグロカモメ
ウミガラス▲
ハシブトウミガラス▲
マダラウミスズメ▲
ウミスズメ▲
ウトウ▲
キジバト
カッコウ(S)
ツツドリ
アマツバメ
クマゲラ(S)
アカゲラ
コゲラ
ヒバリ
ツバメ●
イワツバメ
ハクセキレイ
キセキレイ
ヒヨドリ
モズ
ルリビタキ
ノビタキ
トラツグミ(S)
クロツグミ(S)
アカハラ
ヤブサメ(S)
ウグイス
マキノセンニュウ(S)
コヨシキリ
オオヨシキリ
センダイムシクイ
エナガ(亜種シマエナガ)
キビタキ
オオルリ(S)
コサメビタキ
ハシブトガラ
ヒガラ
ヤマガラ
シジュウカラ
ゴジュウカラ(亜種シロハラゴジュウカラ)
メジロ
ホオジロ
ホオアカ
アオジ
オオジュリン
カワラヒワ
ベニマシコ
イカル(S)
シメ
ニュウナイスズメ
スズメ
ムクドリ●
カケス(亜種ミヤマカケス)
カササギ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
(ドバト)
以上79+1種
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア