FC2ブログ

2012年の記事から-ソデグロヅル




ソデグロヅル
ツル目ツル科
体長135cm
撮影 2011.12.30

最初の記事としては、まずおめでたい鳥から。

少し前にクロヅルが飛来したが、見られなかった。
今回はさらに珍しいソデグロヅルとあって、外したくなかったが、探すまでもなくその巨体は遠方からも確認できた。

シベリアの一部で繁殖する世界的希少種で、個体数は2000~3000羽程度とされている。
まれな冬鳥だが、そもそも関東ではツルは全て珍鳥と言える。
タンチョウよりもやや小さい程度の大型の鳥で、馴染みの鳥としてはオオハクチョウに近い大きさがある。
全身白色だが、大きさが違うので、ダイサギなどと誤認することはないと思う。

静止時はほぼ全身白色。
嘴は赤褐色で、顔は赤い皮膚が裸出していて、トキに似た印象がある。

上面にやや黒褐色味があるのは、若い個体の可能性があると思う。(幼鳥は上面がほぼ褐色)

日中はゆっくりと歩きながら、嘴を泥の中に突っ込んで採餌している。
特徴的な黒い初列風切を撮影するためには飛翔を狙いたいところだが、これがなかなか飛んでくれない。
2度ほど羽ばたいてくれたが、撮影できなかった。
わずかに黒い初列風切が見えた写真。

・・・・・・

ソデグロヅルの名前について

この鳥は全身ほぼ白色で、英語名は”Siberian White Crane"と言います。
黒いのは、初列風切と大雨覆の一部、それに翼角です。

他のツルではどうかと言うと
ナベヅル、マナヅル、カナダヅル、アネハヅル、クロヅルは初列風切及び次列風切が黒いので、翼の後縁が黒く見えます。
タンチョウはソデグロヅルとは逆で、次列風切だけが黒く、初列風切は白です。
ソデグロヅルは翼の先端部分だけが黒いのが特徴なので、それを「ソデ」と表現したものと考えられます。
そう考えるとソデとは衣服のソデではなく、建物や舞台の両脇を表すソデと考えた方が自然だと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア