FC2ブログ

五角堂(茨城県つくば市)





五角堂
茨城県つくば市
撮影 2019.2.23

江戸時代、飯塚伊賀七という人が設計した正五角形平面の建物である。
なぜこのような建物を設計したのかはわかっていないが、難しいとされる五角形平面にあえて挑戦したものだろうか。

五角形の1辺は、2間半というのが正しければ約4.55mである。現地の案内板に5.54mとあるのは間違いの可能性がある。
1辺4.55mであれば、面積は35.6㎡になる。
柱は108°と72°の菱形断面で、5本の梁は中央の柱に重ねられているらしい。


五角形平面と言っても、長方形の角をカットした五角形平面ならばいくらでもあるだろうが、正五角形平面の建築となるとさすがに珍しい。
正五角形平面の建築物としては、アメリカの国防総省「ペンタゴン」が有名。
日本では「軽井沢大賀ホール」が、建物全体としては五角形ではないものの、正五角形平面のホールで知られている。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア