FC2ブログ

2012年の記事から-オオバン@乙戸沼


オオバン
ツル目クイナ科
体長38cm
撮影 茨城県土浦市乙戸沼

泳ぐのが得意な鳥の足は、それに適した形に進化しました。
指と指の間に膜が出来たのが蹼足(ぼくそく)、指自体が平らになり、カヌーのパドルのようになったのが弁足(べんそく)と言います。
弁足を持つ代表的な鳥は、アビ類やカイツブリ類。
オオバンの弁足は極めて独特なもので、進化というものの面白さを感じさせてくれます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア