FC2ブログ

法華経寺(千葉県市川市)

法華経寺
撮影 2019.3.2 千葉県市川市

法華経寺は日蓮宗の大本山で、創立は1260年という古刹である。
中山法華経寺とも呼ばれている。
市川の人口密集地にあり、近くには中山競馬場もあるため、この周辺は渋滞の名所である。
法華経寺周辺は道も狭く、入り組んでいるので、まず駐車場までたどり着くのが大変だ。
車で行くと裏から入ってしまうが、正面は京成中山駅前から参道が続いている。
駅前から、ゆるやかな坂を上って行く。なかなか雰囲気の良い門前町である。



■総門(市指定有形文化財)
別名黒門。
高麗門という形式で、江戸中期も建築と見られている。軽快な印象がある門である。




■仁王門
別名赤門。「正中山」の扁額は本阿弥光悦の筆による。
本阿弥光悦は、刀剣鑑定家の家に生まれたが、後に書家、絵師として活躍する。
フィクションだが、吉川栄治の「宮本武蔵」に、吉岡一門との決闘を終えた武蔵と対面する形で登場する。






■祖師堂(国指定重要文化財)
比翼入母屋造りという珍しい形式で、同様のものは岡山県の吉備津神社本殿(国宝)のみである。






■五重塔(国指定重要文化財)
前田家の寄進により、江戸時代初期に建てられた。
高さは約30mで、上野の旧寛永寺五重塔と同程度だが、軒の出が少ないのでよりスリムに見える。




■法華堂(国指定重要文化財)
祖師堂の裏側、小高い位置に建つ。
14世紀に建てられたとされ、日蓮宗の仏堂としては最古に属する。




■四足門(国指定重要文化財)
法華堂の前に建つ小規模な門である。
四足門は四脚門とも言い、屋根を支える柱を前後それぞれ2本の柱で支える形式。
もと鎌倉の愛染堂にあったものを移したとも伝えられている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア