FC2ブログ

インバル/都響 マーラーの復活

2010.6.18
マーラー/交響曲第2番「復活」



エリアフ・インバル指揮東京都交響楽団
ソプラノ:ノエミ・ナーデルマン
メゾソプラノ:イリス・フェルミリオン
合唱:二期会合唱団

ミューザ川崎シンフォニーホール


久しぶりに聴くインバルのマーラーである。



これは1989年に、インバルが手兵のフランクフルト放送交響楽団を率いて来日した時のチケット。
この時が確か2度目の来日だったと思う。
バブルの絶頂期、いい席で聴いている。


今回は、国内のオケでマーラー演奏には定評のある都響の演奏で、場所はミューザ川崎である。
このホールは、サントリーホールや札幌コンサートホールと同じ、ワインヤード型のホールで、約2000席。
最大の特徴は独特の螺旋状で左右非対称であること。
建築は何事も左右対称が便利なのだ。半分書いて反転すればいいから。(それは冗談)
この独特の形状がいいのか、音響的には定評があるホールである。
今回ここを訪れるのは初めてだったが、音量もたっぷりで非常によく響く。いいホールとは言われているが、なるほどと思った。

3階席で、ちょうど指揮者の真横に当る。
3階なのでかなりの高さがあり、普通に座っているとステージが半分しか見えない。
残念なのは手摺がちょうど指揮者の顔あたりに来てしまう。
安い席なので、このあたりは仕方のないところ。

演奏は、細かいことは言うまいとして、さすがに手馴れたもの。素晴らしい「復活」だった。
この曲のエンディングは何度聴いても鳥肌が立つ。
比較的テンポの速い演奏で、実測のタイミングは以下の通り。
 第1楽章 21’59”
 第2楽章 10’38”
 第3楽章 11’36”
 第4楽章  5’23”
 第5楽章 31’06”
 トータル 80’42”


今年から来年にかけてはマーラーイヤーだそうだ。
サロネンとウィーンフィルが9番を演るそうだ。
行けそうにもないけれど。。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア