FC2ブログ

2012年の記事から-ヨシガモ@乙戸沼


ヨシガモ
カモ目カモ科
体長48cm
撮影 2012.2.15 茨城県土浦市

今年はヨシガモ、オカヨシガモとも少ない乙戸沼。
ヨシガモは大体5~6羽程度で、例年に比べるととても寂しい。

コハクチョウはとても多く、今日も80羽を超えている。
今日の朝日新聞茨城版には、乙戸沼のハクチョウは今年、最大で94羽に達し、例年の2倍以上であると報じている。
乙戸沼では繁茂しずぎたスイレンを2年かけて除去し、水面が広くなったことでハクチョウの飛来が増えたのではないかとしている。
去年は最大43羽、一昨年は38羽と書いてあるが、私の認識とは違う。

私のカウントでは、今年の最大は91羽で大差ないが、去年は74羽、一昨年は63羽で、2倍以上というほどの増え方ではない。
スイレンの除去に関して言うと、去年あらかたの除去は行われたが、予算不足で1割ほど取り残してしまい、今年残りを除去したのである。
去年と今年ではそんなに状況が変わったわけではなく、今年の増え方はむしろ日本海側の大雪の影響ではないかと考えている。

外来種であり、水質悪化の原因ともなっているスイレンと除去するのはいいとしても、隠れる場所がなくなったことで、ヒドリガモやオカヨシガモが減ったのではないか、と考えると少し複雑な思いもする。
特にオカヨシガモは例年100羽前後飛来しているのに、今年はゼロあるいはヒトケタ程度の激減ぶりで、ちょっと心配である。
ただ、オカヨシガモに関しては先日も利根川河口で100羽ほどの群れを見ているし、全体的に減っているわけではないようにも思う。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア