FC2ブログ

2012年の記事から-上野毛駅by安藤忠雄





東急大井町線 上野毛駅
設計:安藤忠雄
東京都世田谷区
撮影 2011.12.29

上野毛駅附近の線路は掘割状になっていて、駅舎は線路の上を覆う形になっている。
この駅の特徴は、北と南に駅舎が分かれていて、間に道路が通っていることである。
駅舎が分断されている形なので、一体感を演出するために屋根を架けたのは、安藤忠雄らしい発想だと思う。

道路上に屋根を架けるというのは、行政側との折衝が相当に難しそうなので、見た目は軽やかだが、その実はかなりの力技と言える。

工法的に言うと、2つの建物の間に最後に屋根を架けたもので、エキスパンションジョイントのカバーがかなり目立ってしまっている。これがなければ随分スマートに見えるだろう。
もうひとつ、ここまでやったのなら電線は地中化してほしかったところ。

ホームから見る。

全体のイメージがよくわかるように、東急電鉄のHPから。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア