FC2ブログ

2012年の記事から-渋谷駅by安藤忠雄





渋谷駅
設計:安藤忠雄
撮影 2011.12.29

渋谷駅は、恐ろしく複雑な駅である。
2階にJR各線と東急東横線、京王井の頭線
3階は東京メトロ銀座線(地下鉄なのに一番上にある)
地下3階は東京メトロ半蔵門線と東急田園都市線
地下5階が、一番新しい東京メトロ副都心線

東急東横線は、渋谷~代官山間の1.4kmを地下化して、渋谷駅で東京メトロ副都心線と相互直通運転をする予定で現在工事中である。
だから、東横線のホームは、現在は2階にあるが、工事完了後は地下5階になる。

安藤忠雄の設計で新渋谷駅の工事は施工中なのだが、その一部は見られるわけである。

一応話題になっている、地下5階から3層(高さ20m)の吹き抜け空間。
まだ全体が完成しているわけではなく、地下4階部分はどうなっているのかわからない。

駅全体のイメージは、卵型の空間が地中に「浮かぶ」というもので、実際には見えないが、随所にその一部が顔を出すという趣向である。

エスカレーター部分を覆う天蓋になっている

地下5階に下りるエスカレーターの一部に顔を出すという趣向

安藤忠雄は、意外とこの卵型というイメージが好きなようで、1988年に発表した「中之島プロジェクト」で発表した、アーバンエッグという構想を思い出す人も多いと思う。
長良川国際会議場では、巨大なコンクリートの卵を実現させた。

新渋谷駅の、まだ中途半端な部分を見ただけだが、感想としてはイマイチである。
東横線の工事が完了した時点でもう一度見てみたいと思う。
 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア