FC2ブログ

国際子ども図書館増築

国際子ども図書館
設計:安藤忠雄+日建設計
撮影 2019.1.26
東京都台東区

2002年に竣工した国際子ども図書館については、過去記事を参照
https://blogs.yahoo.co.jp/papageno620hop/8610226.html


2015年に増築工事が完了した。
既存部分は「レンガ棟」、増築部分は「アーチ棟」と呼ばれている。






エントランス部分
歴史的建造物に、新しいガラスの箱を斜めに貫入した。




レンガ棟から中庭を通してアーチ棟を見る。




中庭からレンガ棟を見る。
右手にガラス張りのカフェが斜めに張り出している。
これはエントランスの延長部分に当たり、ガラスの箱が貫通している様子が見てとれる。




中庭からレンガ棟とアーチ棟を見る。







アーチ棟




アーチ棟1階部分




アーチ棟2階部分は児童書研究資料室となっていて、利用には申請が必要である。
とりあえず、見学ということで内部を見せてもらったが、室内の撮影は不可。
異様に低い天井高が気になるところである。

アーチ棟に関してはあくまでも研究用の施設であって、一般客、増してや親子連れが気軽に訪れると言う施設ではない。

東京都内では数少ない、安藤忠雄らしさがよく出た建築である。
歴史的建造物に、現代建築をマッチングさせるという、安藤建築のひとつのポリシーが貫徹されていて、建築としては見ものだが、これが果たして「子ども図書館」という用途でよかったのかどうか。
国立の「子ども図書館」を作ったことは大いに評価できるが、「子ども図書館」というからには子どもにたくさん来てほしいと思う。そういう施設になり得ているかどうかに、疑問が残る。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア