FC2ブログ

名盤コレクション2 ベートーヴェン/交響曲第7番(フルトヴェングラー/BPO)


ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調OP92
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1943年11月3日録音(ライヴ)
(画像はネットから)

フルトヴェングラーの7番では、1950年のスタジオ録音(ウィーン・フィル)が定番として知られていて、通常はそちらを採るのが一般的だろう。全集もそれを採用している。
43年盤は50年盤と基本的には変わらない。50年盤はスタジオ録音にもかかわらず、圧倒的な迫力で聴くものの魂を揺さぶる演奏である。
43年盤はライヴであるだけに、その凄さは常軌を逸していると言ってもいいほどだ。
特に第4楽章後半は凄絶の極みで、ほとんど崩壊寸前である。何度聴いても鳥肌が立つ思いだ。
バランスという点では50年盤に分があるが、ここではあえて43年盤を採る。

43年盤は、第4楽章の冒頭が失われていて、再現部を利用してつぎはぎしているらしい。そのことから43年盤を採らないとする人もいる。
50年盤には、第4楽章中間部に女性の声と紙をめくる雑音が混入している。もともとのSPにはなかった雑音で、マスタリングの過程で混入したらしい。
色々な逸話に彩られているのも巨匠ならではと言えるだろうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア