FC2ブログ

楞厳寺山門(茨城県笠間市)





楞厳寺(りょうごんじ)山門
茨城県笠間市

笠間市と栃木県茂木町を結ぶ県道の峠が仏ノ山峠である。
峠の手前、片庭の丁字路を左に曲がり、800mほど進むと、農耕地の中にポツンと山門が建っている。

楞厳寺山門は、室町時代中期の作。
禅宗様式の四脚門で、簡素な造りながら優れた意匠で、国の重要文化財に指定されている。
楞厳寺はここからさらに350mほど奥にあり、山門から本堂は見えない。
不思議な配置の理由はよくわからないが、山村の風景の中に静かに佇む山門の姿には、何か心惹かれるものがあり、別の時期に再訪して見たいと思った。

なお、楞厳寺は仏頂山(標高431m)の麓にあり、ヒメハルゼミ発生地として国の天然記念物に指定されている。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア