FC2ブログ

安楽寺八角三重塔





安楽寺八角三重塔
長野県上田市

別所温泉にある安楽寺は、長野県最古の禅寺(臨済宗)として知られているが、室町時代以降は曹洞宗の寺院となっている。
八角三重塔は、近世以前のものとしては日本唯一のもので、国宝に指定されている。
13世紀に建てられたということがわかっていて、日本最古の禅宗様の仏塔とされている。

本堂脇から拝観料300円を払って拝観する。
拝観は8時からと書いてあった。数分前だったが、入れてくれた。
寺の裏山に登ると、木立の中に八角三重塔が見えて来た。その見え方は感動的ですらある。
塔は墓地の中に静かに佇んでいた。700年も前からこんな風に周囲を見守っていたのだろう。

高さは18.75m
四重に見えるが、一番下は裳階(もこし)という、庇のようなもので、裳階付き三重塔という形式であるとされている。
全体に扇垂木を用い、弓形連子、詰組など、禅宗様(唐様)の様式で作られている。他に類を見ない八角の形状であるということもあり、和様とは異なる中国風の雰囲気を湛えている。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア