FC2ブログ

龍安寺





龍安寺
撮影 2018.12.1
京都府京都市

龍安寺は臨済宗妙心寺派の寺院で、応仁の乱の東軍総帥だった細川勝元が創建した。
応仁の乱で焼失し、勝元の子、政元が再興したが、1797年の火災で方丈、仏殿などを焼失した。
現在の方丈は、その際に西源院の方丈を移築したもので、重要文化財に指定されている。

石庭として知られる方丈庭園は、巾25m、奥行き10mほどの空間に白砂を敷き詰め、大小15個の石を配した枯山水の庭園である。
15個全ての石を、同時に見られる場所はないことでも知られている。
また石庭を囲む塀は、この空間を規定する重要な要素となっている。
菜種油を混ぜた土で作られた、油土塀の独特な色合いも空間を引き立てる役割を果たしているように思われる。

極度に抽象化された空間の意味には諸説あり、見る人の自由な解釈に委ねられていると見た方が良い。


龍安寺は、特別紅葉で知られた場所ではないが、なかなかどうして見事な紅葉だった。
さすがは京都というべきか。


次回は永観堂

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア