FC2ブログ

ミソサザイ@軽井沢


ミソサザイ
スズメ目ミソサザイ科
体長11cm
撮影 2010.5.9 長野県軽井沢町軽井沢野鳥の森

日本で最も小さな鳥のひとつですが、非常に見事な囀りを聴かせてくれます。
小さいのに声量があるためか、ヨーロッパでも「鳥の王」とされる寓話が多く存在します。

ヨーロッパの民話では、森の王に立候補したミソサザイが、森の王者イノシシの耳の中に飛び込んで、見事にイノシシを倒したという寓話が知られています。
ただ、小さなミソサザイは森の王とは認められなかったという話です。

日本の昔話にも、ミソサザイとタカが鳥の王であることを争う話があります。
ここでもミソサザイは森の王であるイノシシと戦うのですが、イノシシの鼻の穴に飛び込んで勝利を得ます。
タカはミソサザイに負けまいと2頭のイノシシを捕らえようとしますが、2頭に跨ってしまったために2つに裂けてしまいます。
見事にミソサザイが鳥の王に選ばれます。

アイヌの民話では、ミソサザイがクマの耳に飛び込んで攻撃をします。この伝承の中では、小さいけれども立派な働きをしたと、神に讃えられる存在になっています。


小さな鳥が、大きな敵の耳に飛び込んで勝利を得るという話は他にもあります。
仁徳天皇が鷹狩りをしていた時、天皇の目の前で1羽のモズが鹿の耳に飛び込んで倒してしまったという話があります。
ここから、百舌鳥という地名がついたという話が日本書紀にのっています。現在も残る地名です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア