FC2ブログ

フェルメール展

フェルメール展
東京、上野の森美術館で2月3日まで開催中



ヨハネス・フェルメール(1632~1675)は、16世紀オランダの画家で、同時代のオランダを代表するレンブラントと並び称される。

フェルメールは寡作で知られ、真作と認められているもの35点、真偽係争中の2点を含めても37点しか存在しない。
今回のフェルメール展(東京展)では、そのうちの9点が来日する。
ポスター等に9/35と書いてあるのはそういう意味である。
ただし展示替えがあるので、一度に見られるのは8点までとなる。

大阪展では6点の展示だが、東京展には出品されない「恋文」が含まれるので、一連のフェルメール展では10点が来日することになる。
2008年に東京都美術館で開催されたフェルメール展で展示されたのが7点だったので、今回が史上最大といわれる所以である。

会場は「上野の森美術館」
知らなかったのだが、この美術館はフジサンケイグループが運営している美術館で、今回の展覧会がフジサンケイグループの主催ということだ。

前売りで2500円と少々割高だが、これには音声ガイドの料金が含まれている。
混雑を緩和する目的で、日時指定のチケットを導入したが、これは今後同様の展覧会の参考になるだろう。
一日を次の6つの時間帯に区切り、指定された入場時間内に入場する方式で、入れ替え制ではない。

 9:30~10:30
11:00~12:30
13:00~14:30
15:00~16:30
17:00~18:30
19:00~20:00

自分は並んででも先頭グループで入る主義だ。
空いている時間帯にまずお目当ての展示を見てから、順路を逆にゆっくりと辿る。
今回も9:30のチケットを購入し、前から7人目ぐらいで入った。
今回の展示は、最初にフェルメール以外の作品を並べ、フェルメール作品は最後の「フェルメールルーム」で全てを一同に展示する。

まず2階に上がり、展示を見てから1階に下り、短い通路を経て「フェルメールルーム」に至るという順路設定だ。
狙い通り、人が少ない時間帯にフェルメール作品を一通り見ることが出来た。

そこから順路を逆に進むと、順路通りに見て行く人の集団に取り込まれた。
10時ごろになると「フェルメールルーム」が一番空いているという、変な状況になった。

残念なのは、とにかく展示スペースが狭いことだ。
実は、今回の展覧会は、フェルメール作品を含めて48点しかない。
それでも展示方法に余裕がなく、人混みをかき分けて進む感じだ。
「フェルメールルーム」自体もかなり残念なレイアウトで、一番最後に今回の目玉「牛乳を注ぐ女」があり、その隣は出口だ。
展示室の出口を出ると、これまた狭いショップがあり、通り抜けると通用口みたいな出口から出ることになる。


展示に不満はあるが、とりあえずこれまでに来日したフェルメール作品は、日本にある「聖プラクセデス」(真偽係争中)を含めて23点になった。(「取り持ち女」はこれから来日するので含んでいない)
自分がこれまでに見たフェルメール作品はこれで18点になった。逆に言うと5点見逃したことになる。

「取り持ち女」を見るためには、もう一度行くしかない。
「取り持ち女」の展示は1月9日から最終日の2月3日までと短い。
今回はフェルメール以外の作品がゆっくり見られなかったので、今度は順路通りに見ようかと思う。




立派な図録だ。こんなに立派でなくてもいい。
表紙は、今回東京には来ない「恋文」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア