FC2ブログ

ワーグナー/管弦楽曲集(フルトヴェングラー指揮)




ワーグナー/管弦楽曲集
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮

曲目
1 歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
2 歌劇「タンホイザー」序曲
3 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
4 歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲
5 楽劇「トリスタンとイゾルデ」第3幕への前奏曲

録音
1 1949年3月30日~4月4日
2 1952年12月2~3日
3 1949年4月1~4日
4 1954年3月4日
5 1952年6月10~22日

表にはVPOとBPOと書いてあり、裏には、*が付いた5曲目のみベルリン・フィルと書いてある。
冊子の中には、ベルリン・フィルではなくフィルハーモニア管弦楽団と書いてあるが、*が付いていない。
事実は5曲目のみフィルハーモニア管弦楽団が正しいのだが、実にいい加減なものだ。
CD初期の1980年代、3300円で売られていたものである。
「第1集」と書いてあるから「第2集」もあったのだと思うが、定かではない。
どちらにしても寄せ集めで、時間が余ったから入れたという感じが濃厚だ。確かに43分で3300円は高いと思ったのだろうか。

1~4曲目は単独で録音されたものだが、5曲目だけは全曲録音からの抜粋である。
それどころか、これは「トリスタン」の歴史的録音で、今でも決定盤と評価する人が多い。
不世出のワーグナー歌手キルステン・フラグスタートが、どうしても最高音が出せず、2音だけシュワルツコップに出してもらったという、「差し替え事件」でも有名な録音。
その経緯が表に出てしまったため、フラグスタートの引退にまでつながった「事件」である。


久しぶりに全曲盤を聴いてみようかと思った。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア