FC2ブログ

まさかの中止 土浦全国花火競技大会

撮影 2018.10.6
茨城県土浦市
第87回土浦全国花火競技大会

日本海を進む台風25号の影響で、強い南西の風が吹くことは予めわかっていた。
土浦で南西の風は鬼門である。なぜならば桟敷席は南西を向いているからだ。

20年ほど前、招待席(桟敷の前にある)で観覧したことがある。
その時はかなり強烈な南風で、燃えカスがバラバラ落ちてくる中で見た。
迫力は満点だったが、あとから考えると結構危険だった。

秋開催の土浦で、南寄りの風が吹くことはあまりなく、通常は東風のことが多い。桟敷の方向から見ると、煙はゆっくりと右の方に流れて行く。

強風が予想された今年は、桟敷の方向から見るのはやめ、桜川右岸のやや離れた場所に陣取ることにした。
10号玉から約1.1km、スターマインからは約1.5kmある。
ちょっと遠いが、見やすいし帰りも楽だ。




昼の間は風も弱く、気温も上がってまずは快適だった。




陽が落ちるにつれ、風が強まって来た。
気温は、この時期にしては異常なほど高い。30年ほど前、この大会を見始めた頃は、コートを着込んで観覧したものだが。
傍らに置いた帽子がじっとりと湿気を含んでいた。いやな風だった。




17:45
レクチャー花火で開始




審査標準玉(10号玉)
昇曲導付八重芯変化菊
例年、茨城県の森煙火工場が担当する




1番
昇曲導付四重芯柳先銀乱
六葉煙火(鹿児島)




3番
昇曲導付四重芯変化菊
若松煙火製造所(宮城)




5番
昇曲導付四重咲菊先花の舞
川崎火工服部煙火店(福島)




15番
昇曲導付四重芯変化菊
田熊火工(栃木)




22番
昇曲導小花咲四重芯変化菊
阿部煙火工業(新潟)




23番
昇り曲導付三重芯変化菊
一福煙火店(千葉)




31番
昇曲導付四重芯変化菊
豊橋煙火(愛知)

右方向に大きく流れている。
10号玉がこれだけ流れるのは、上空の風が相当強いことが伺える。


18:45ごろ
34番の創造花火のあと突然中断し、一向に次が始まらない。
「安全確認のため中断」という情報が入る。

「事故があり、けが人が出た」という情報もあったが、会場のアナウンスが聞こえる位置ではないため、状況がわからない。
過去に地上で暴発とか、不発といったトラブルもあったが、創造花火で大きな事故は考えにくい。

19:40ごろ、正式に中止という情報が入った。
「強風のため、安全確保ができない」という理由のようだった。

あとからわかったことだが、風で流された(?)花火が観客席に飛び込んだのは19番のスターマインだった。
以降も競技は続行され、34番のあとで中止を決定したらしい。


ここでその判断の是非を問うつもりはないが、今後に重い課題を残したことは間違いない。
当日休業するイオンのために、前日に開催の可否を決定しなければならないという、特殊事情を土浦は抱えているからだ。

平成最後の大会は、長い歴史で初の途中中止となってしまった。
昭和最後の大会も、”諸般の事情”で中止になったことを思い出した。


今回は、花火撮影には初めて使うカメラで、色々設定を試しながら撮っているうちに終わってしまった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア