FC2ブログ

池の平からの山岳展望

撮影 2018.7.16
長野県東御市、池の平湿原






池の平湿原は、数万年前に三方ヶ峰火山の噴火で出来た火口原に形成された高層湿原である。
標高はちょうど2000m附近で、戦場ヶ原や尾瀬ヶ原より600mも高く、栂池の展望湿原とほぼ同じである。
これらの湿原の標高が皆、切りのいい数字になっているのは面白い。




2000~2200m前後の山に囲まれているが、南東の1箇所だけ開けていて、富士山から八ヶ岳方面の眺望が良い。
雲の下は小諸の市街地である。




左に八ヶ岳の主峰赤岳。
右端にどこからでもわかる蓼科山と、その左に北八ツの横岳。(ここには書かなかったが、赤岳の左に見えるピークが八ヶ岳の横岳)
ちょうど北と南の鞍部に南アルプスが見えるのが値打ちである。
北岳はその特徴的な山容からすぐわかった。
農鳥岳の手前あたりが、メルヘン街道の麦草峠になる。
甲斐駒はさすがに現地ではわからず、帰ってから確認した。
ちょっと厳しい見え方だが、茶臼山と縞枯山の間から、わずかに顔を出しているのがわかる。



富士山との直線距離は119km。
非常に高度感を感じる見え方で、西湖から見る方角と一致している。
富士山の前には、特異な岩峰の瑞牆山。
左には奥秩父の山々である。
奥秩父の盟主、金峰山の五丈岩は、ここからでもはっきりと見える。
左端に国師ヶ岳と、その右に北奥千丈岳。

ここで北奥千丈岳という、いささかマイナーな山を載せたのには訳がある。
言うまでもなく、奥秩父で最もメジャーな山は金峰山(標高2599m)だが、最も高いのは金峰山ではなく北奥千丈岳(標高2601m)で、金峰山はわずかに及ばない。
日本には標高2600を超える山はたくさんあるが、そのほとんどは日本アルプスに集中している。
日本アルプス以外で2600mを超えるのは、富士山、御嶽、八ヶ岳連峰、白山の他にはこの北奥千丈岳しか存在しない。
そういうわけで、かなり凄い山なのだが、あまり知られていないという不遇な山に、少しだけ光を当ててみた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア