FC2ブログ

諏訪湖を見下ろす桜(長野県諏訪市)

諏訪湖を見下ろす桜
長野県諏訪市
撮影 2018.4.15



諏訪湖サービスエリア下り線の駐車場から、高台に形のいい桜が見えた。
駐車場の端に階段があり、上まで行けることがわかった。







咲いていたのはソメイヨシノで、傍らに青木一男なる人物の銅像があった。
青木一男は1889年、現在の長野市生まれの政治家で、戦前阿部内閣で大蔵大臣を務めた。
A級戦犯容疑で収監されるが、不起訴により釈放された。
戦後は参議院議員として4回当選している。
ここに銅像が建てられた理由は、彼が高速道路網の整備、特に中央自動車道の建設実現に貢献したからである。
それまで中央道富士吉田線を延長する南アルプス経由で決まっていたルートを、現在のルートに変更する際に主導的役割を果たした。
銅像は、自分が曲げたルートを見下ろしている。

青木はその経歴からもわかる通り、超保守派の政治家だったが、彼の女婿が東大の学長を務めた加藤一郎で、NHKアナウンサーから政界に転身した小宮山洋子は孫に当たる。ちょっと意外なつながりではある。




諏訪湖と諏訪湖サービスエリアを見下ろす。
諏訪湖サービスエリアには、全国でも珍しいハイウェイ温泉がある。
上り線、下り線両方にあるが、料金が微妙に異なっている。
 上り線 595円
 下り線 575円
なぜか。
諏訪湖サービスエリアは諏訪市と岡谷市にまたがっているのだが、ちょうど温泉のある場所が上り線では諏訪市、下り線では岡谷市になっている。
両市で入湯税が異なるというのが正解。
入湯税は市の条例で決められるが、通常は150円ということが多く、この2つの市の場合も150円なのだが、日帰り客の場合は諏訪市70円、岡谷市50円となっていて、ここで20円の差が出ているというわけだ。


次回は香住寺のシダレザクラ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア