FC2ブログ

シロチドリの擬傷行動




シロチドリ
チドリ目チドリ科
体長17cm
撮影 2010.7.10 千葉県

コアジサシの営巣地ではシロチドリも営巣しています。
コアジサシと同じように、砂浜を少し掘り下げただけの簡単な巣なので、巣立ったヒナはとても無防備なものです。

ヒナに外敵が近づくと、親鳥が突然、翼をだらりと下げ、あたかも怪我をしているような振舞いをすることがあります。
これを擬傷行動と言います。
チドリ類、イソシギ、キジ、ヒバリなど、地上に営巣する鳥の親鳥に見られる行動で、捕食者の注意を自分に集め、巣やヒナから遠ざける目的で行われます。

擬傷行動を行う親は、相手の方を見ながら徐々に巣やヒナと反対方向に歩いて行き、十分に離れたところで普通に飛び立ちます。
この行動を見た場合は、親鳥が動いて行く方向に遠巻きに離れるのが、親とヒナの両方にストレスを与えない対処方法かと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア