FC2ブログ

コアジサシ@千葉県




コアジサシ
チドリ目カモメ科
体長26cm
撮影 2010.7.17 千葉県

十数年前の文献によると、コアジサシの集団営巣地は、関東地方に20箇所程度あった。
その中でも1000羽を超えるような大規模なものは茨城県や千葉県にあったが、今では見られない。
コアジサシが営巣地に選ぶのは主に砂礫地で、小石や貝殻、木片などが混じった場所が好まれる。
それは卵やヒナが保護色になって発見されにくいことを重視しているからだと言える。
そのような土地というと、造成地など人工的な場所が中心となりやすいのだが、そういう場所は必然的に永続しない。
海岸の砂浜ならば永続的に使えて好都合だろうとこちらは考えるが、鳥にとってはそういうものではないらしい。
植物が侵入すると、そういう場所は営巣地としては放棄されてしまうようだ。
九十九里浜を眺めると広い砂浜が広がっているけれども、コアジサシが営巣できる範囲はごく狭い。
そういう目で見ると、集団営巣地もかなり窮屈そうに見える。
よく見る鳥のようだが、これでもVU(絶滅危惧Ⅱ類)なのである。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア