FC2ブログ

弘道館左近の桜(茨城県水戸市)






弘道館左近の桜
茨城県水戸市

一眼レフを修理に出しているため、この間の撮影は一貫してコンデジ(RX-100Ⅴ)を使用している。
このカメラは特に広角側(フルサイズ換算で24mm)には強いので、主に風景にはこれを使っているが、桜撮影には最適である。
液晶画面がチルト式なので、上からのぞき込んでウエストレベルで撮える。このスタイルは思った以上に快適だ。
改めてローライフレックスやハッセルブラッドの、6*6版の撮り方が理に叶っていることがよくわかる。
もちろん6*6版は1:1なので、縦横を考えなくていいからこの撮り方が可能なのだろう。
6*6版の魅力はそういう消極的な理由よりも1:1の緊張感なのだとは思っている。
今はインスタグラムの影響か、1:1が人気のようだが、6*6版を意識して撮っている人は少ないだろう。
自分は一眼使いなので、3:2にこだわっている。ただ、コンデジでの3:2は、縦位置で撮りにくいのが難点だ。

RX-100Ⅴで桜の撮影をしていると、一眼レフよりも自由に撮れる感じがする。
この快適さに慣れてしまうと、一眼レフには戻れなくなりそうで、ある意味怖い。
このカメラは花火撮影にも使えそうなので、一眼レフの出番がますます少なくなりそうだ。


弘道館左近の桜は、偕楽園左近の桜と同様、宮中から鉢植えの桜を下賜されたものだが、枯死してしまったため、1963年5月、弘道館の修復工事が完了したのを記念して、再びここに植えられたものである。
偕楽園の桜ほどの大きさはないが、これもまた名木と言えるだろう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア