FC2ブログ

足湯2題

足湯は各地に作られている。
設置が簡単だからだろう。脱衣所も洗面所も要らないし、男女を分ける必要もない。
ただ、足湯と言っても規模や形態はさまざまだ。


塩原温泉「湯っぽの里」
栃木県那須塩原市












2006年に作られた温泉施設である。
三角屋根のエントランスから、階段あるいはエレベーターで地下1階レベルに下りると、円形平面の足湯がある。
足湯としては日本最大級の施設。確かにこれだけ大規模な足湯は見たことがない。
さすがに有料で、一人200円。

木造と鉄骨造の混構造で、ガラス張りの透明感あふれる外観が特徴的である。
設計はこういう造形を得意とする杉本洋文氏。氏は道の駅「みかも」を設計した。よく見れば同じ設計者であることは容易に推察出来る。

・・・・・・

平湯温泉の足湯
岐阜県高山市


平湯から安房峠の旧道に向かうと、右手に平湯神社があり、隣に2軒の茅葺きの家がある。




手前は入母屋造りの農家、旧豊坂家住宅。




奥にあるのは合掌造りの若山家住宅を移築して作られた平湯民俗館である。







ここの足湯は2m四方ぐらいの湯船に、板を一枚架け渡しているだけの簡素な造りだが、その熱さは半端ではなく、結局入れなかった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア