FC2ブログ

立山の花(その2)

2010.7.31
富山県 立山室堂



■ミネウスユキソウ
キク科ウスユキソウ属

ウスユキソウの属名”Leontopodium”には、ライオンの足という意味がある。
星型に開いた姿を見立てたものらしいが。。。





■テガタチドリ
ラン科テガタチドリ属

この花は弥陀ヶ原あたりに多いように思う。
室堂ではあまり見ない。撮影したのはこの1枚だけだった。
唇片が3裂しているが、先が丸いところはハクサンチドリと違うところかと思う。
他の花でもよくあるのだが、図鑑に載っている写真だともっと赤味が強い。一般的に図鑑の写真は鮮やかなものが選ばれているように見える。





■ゴゼンタチバナ
ミズキ科ゴゼンタチバナ属

今の植物図鑑は
 被子植物 双子葉合弁花類
 被子植物 双子葉離弁花類
 被子植物 単子葉類
 裸子植物
という順になっている。
そのうち、「被子植物 双子葉合弁花類」のトップがウスユキソウの仲間。
「被子植物 双子葉離弁花類」の最初に出てくるのがこの花である。(もちろん、図鑑によっても違うかも知れない)
この花はハイマツの下でひっそりと咲いていることが多い。





■ハクサンイチゲ
キンポウゲ科イチリンソウ属

高山植物で、白い花の代表的な存在である。
青空や雪渓をバックに撮りたい花だが、今回はこんな感じで我慢。





■ヨツバシオガマ
ゴマノハグサ科シオガマギク属

これは赤い花の代表で、高山帯ではお馴染みの花。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア