FC2ブログ

小さなシギたち(今日の観察から)

撮影 2010.8.12 茨城県


トウネンに代表される小さなシギたち。
ここで紹介する鳥たちはいずれもスズメ大、約14cm程度の鳥ですが、例えばシベリアで繁殖し、南半球で越冬するという、ダイナミックな渡りをする鳥たちです。




ヒバリシギ
体長14.5cm

秋の渡りに少数見られますが、ほとんど単独です。今年は比較的多いように思います。と言っても2羽ずつ2箇所で観察した程度ですが、これでも異例なほど多いと思います。
これは幼羽。




トウネン
体長15cm

干潟では比較的大きな群れが見られますが、内陸の水田では春秋とも少数が観察されます。年によってはかなりの数が見られる年もありますが、ここ2~3年は低調です。
摩耗した夏羽です。




オジロトウネン
体長14.5cm

主に秋の渡りで単独で見られることが多い鳥。
これも摩耗した夏羽。
とにかく地味が身上の鳥です。好きな鳥は? と聞かれたら「オジロトウネン」と答えてみましょう。通と見られるか、ひねくれ者と見られるかは相手次第ですが。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア