FC2ブログ

八方尾根の花(その2)

撮影 2017.8.5 長野県白馬村



ホツツジ
ツツジ科ホツツジ属

八方池山荘の裏にある。
ホツツジ属には、ホツツジとミヤマホツツジがある。ホツツジは花柱がまっすぐだが、ミヤマホツツジでは直角に曲がり、上に反り上がる。




クルマユリ
ユリ科ユリ属

カラフルなお花畑の中でも、クルマユリの鮮やかなオレンジ色は一際目立つ。
数ある高山植物の中で、最も人気の高い花のひとつ。
その魅力の源は、この花の小ささによる。ヤマユリのように、大きいことが魅力というおとは正反対の魅力である。
車百合の名前は、葉が車輪のように輪生するところから。




カライトソウ
バラ科ワレモコウ属

八方尾根にはこの花が多い。
7~10cmほどの長く垂れた穂状の花が咲く。
花は先端から順に開き始めるが、糸状のものは雄蕊で、1cmほどの長さがある。これを唐糸(絹)に見立てた命名と言われる。
ワレモコウの仲間で、八方尾根にはワレモコウとカライトソウの交雑種であるハッポウワレモコウという花もある。




タテヤマウツボグサ
シソ科ウツボグサ属

亜高山帯から高山帯の草地に咲く。
ウツボグサよりも花が大きく、色も濃い傾向がある。




キバナノカワラマツバ
アカネ科ヤエムグラ属

白色のものはカワラマツバと言う。
低地でも見られる花のようだが、この花も八方尾根には多い。
松葉のように葉が細いことから。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア